スーパースキャルピング225【最強版】インジケーター無料テスター募集中

日経225自動売買 Yankees001(BELFORT)2022年1月の成績と過去の傾向について

日経225先物のチャート分析はTradingviewがおすすめ

日経225先物の自動売買システム「Yankees001」を2021年の2月初旬に当サイトで紹介いたしました。

※岡三オンライン証券版の 「Yankees001」と松井証券版の「BELFORT」は名称が違うだけでシステムは同一のものです。

2022年の1月現在においてどのような成績の推移になっているのかの確認と、過去11年間の1

月の成績、傾向の分析を共有したいと思います。

Yankees001(BELFORT)の詳細ついては以下の記事をお読み下さい。

Yankees001(BELFORT)の2021年の1月と2022年1月の成績

2022年1月週間成績当月累計損益
1月1週
1月2週
1月3週
1月4週
1月5週
2022年1月合計損益
2021年1月週間成績当月累計損益
1月1週+1010円+1010円
1月2週-270円+740円
1月3週±0円+740円
1月4週-300円+440円
2021年1月合計損益+440円

BELFORTの昨年のおさらいです。

2021年の4月、5月、6月、7月と4ヶ月連続プラスでトータル成績がプラ転した直後の8月に420円のマイナスを食らい年間トータル成績がマイナスに転じました。

そして9月に8月の負け分を取り返して再度年間プラスに転じるも、10月の370円の負け、11月の200円の負けにより再度年間マイナスに転落。

一進一退の展開が続いた2021年の12月に+1090円と大勝し、2021年度を年間トータルプラスでなんとか終えることが出来ました。

2022年の1月相場はどうなるのでしょうか。

ちなみに昨年の2020年1月の成績は +300という成績でした 。

日経225の1月のシーズナルパターンの傾向について

まず日経225の1月のシーズナルパターンチャートを確認しましょう。

まず年始に上昇してからその後は月末まで下落が続く傾向が確認できます。

出典:EquityClock.com

Yankees001(BELFORT)の過去11年間の1月の成績はどうなのか?

2020年1月週間成績当月累計損益
1月1週-360円-360円
1月2週-140円-500円
1月3週+410円-90円
1月4週-230円-320円
2020年1月合計損益-320円
2019年1月週間成績当月累計損益
1月1週-60円-60円
1月2週+90円+30円
1月3週-440円-410円
1月4週+360円-50円
1月5週+200円+150円
2019年1月合計損益+150円

次に、過去の成績の詳細を1週単位でさかのぼって確認していきましょう。

2019年1月の月間成績は+150円、2020年1月の成績は-320円という結果です。


2018年1月週間成績当月累計損益
1月1週+230円+230円
1月2週-110円+120円
1月3週+640円+760円
1月4週+210円+970円
1月5週-220円+750円
2018年1月合計損益+750円
2017年1月週間成績当月累計損益
1月1週+460円+460円
1月2週-50円+410円
1月3週-60円+350円
1月4週-200円+150円
1月5週+140円+290円
2017年1合計損益+290円

2017年の1月は+290円、2018年1月は+750円となっています。


2016年1月週間成績当月累計損益
1月1週+240円+240円
1月2週+310円+550円
1月3週+480円