【日経225先物】スーパースキャルピング225をトレーディングビュー(Tradingview)で再現してみた

スーパースキャルピング225 平均足(改)ローソク足表示

本記事はスーパースキャルピング225の教材のレビューを兼ねたトレーディングビューのインジケーター作成備忘録です。

今回は最近勝てるともっぱら話題になっている日経225先物の1分足スキャルピングトレード教材「スーパースキャルピング225」を手に入れたのでトレーディングビュー上で再現することにトライしてみました。

目次

なぜスーパースキャルピング225のインジケーターを作ったのか?

わざわざスーパースキャルピング225のインジケーターを作った理由は5つほどあります。

  1. 教材本編の利食い、損切が曖昧な部分の欠点を改良したかった
  2. WindowsPCで証券会社のチャートとMT4の画面を横並びに立ち上げるのが面倒
  3. MT4の日経225CFDの価格と日経225先物の価格のズレが気持ち悪い
  4. 外出時にもトレードしたいが重いノートPCを持ち運びたくない
  5. ipad(Mac Book)+iPhoneで場所を選ばずトレードしたい

教材本編の不満と個人的なわがままを解決するために作成しました。

トレーディングビューはブラウザ上で動作するので端末を選ばずに使えて非常に使い勝手がいいです。

スーパースキャルピング225のインジケーター完成画面

スーパースキャルピング225インジケーター完成画面

上記のスクリーンショットはトレーディングビュー(Tradingview)の日経225先物第一限月の1分足チャート。完成画面になります。

スーパースキャルピング225を構成するインジケーター

今回「スーパースキャルピング225」をトレーディングビュー上で再現するのに用意したインジケーターは以下の5つです。

  1. 短期移動平均線と雲
  2. 平均足(改)ローソク足
  3. 一目均衡表の転換線(3色のライン)
  4. カラーボリンジャーバンド
  5. 3本RSI(逆張りロジックに使用)

※あまりに詳細に書きすぎると教材の内容バレになってしまうのでパラメーターの数値等は公開しません。

スーパースキャルピング225」のトレードロジックはいくつかあるのですが、メインとなるトレード戦略は非常にシンプルなトレンドフォロースタイルです。

  • 「雲の上に価格が位置している場合は買いのみ」
  • 「雲の下に価格が位置している場合は売りのみ」

を狙い移動平均線から離れる動きを狙って仕掛けるというものです。

個人的にアレンジを加えている部分としては、ボリンジャーバンドのミドルライン(移動平均線)が上昇中はバンド自体が緑色に変わり、下降中は赤色に変化するのでより短期的なトレンドを確認しやすくしています。

  • 価格が雲の上でボリンジャーが緑に変化したタイミングで買い→ボリンジャーが赤で決済
  • 価格が雲の下でボリンジャーが赤に変化したタイミングで売り→ボリンジャー緑で決済

という単純な使い方をしてもOKですし、平均足(改)ローソク足と組み合わせてトレンドの一致で仕掛けるといった使い方もOKです。

また、トレンドフォローでエントリーしたが伸びずに雲行きが怪しいときなどはロスカットラインに到達する前にバンドの色、MAの色、平均足(改)ローソク足の色の変化で早期に撤退するといった使い方も想定しています。

転換線については上昇時に緑色、下降中は赤色、横ばいの時は灰色の3色に変化しますが、ラインを太くするとチャートが見づらいので一番細い設定にしてあります。

スーパースキャルピング225」の教材自体のトレードロジックはまさに「トレンドフォローの王道」という印象で悪くはないです。

教材の購入者専用サイトでも「動画を全部見るのにどれだけ時間がかかるんだろうか?」と思うほど動画コンテンツが豊富にあり好感が持てます。

スーパースキャルピング225でさらにトレードチャンスを増やす方法とは?

「移動平均線のブレイクで長期トレンドと同じ方向に仕掛ける」というのはオーソドックスで悪くないです。

しかし、個人的なワガママを言わせてもらうとすれば・・・「もっと有利な位置で仕掛けたい」のです。

移動平均線ブレイクのエントリーで毎回トレンドが伸びてくれればOKですが、当然そんなわけにもいかず、伸びないときは普通に負けます。

そこで「雲のトレンド方向に対して逆張りでエントリーする」ことによりトレードチャンスと勝つ確率を増やしてはどうかというのが私の提案です。

逆張り用の節目のインジケーターとして「1時間足のピボット」を使用します。

スーパースキャルピング225(1時間足pivot)

フリーのPIVOTインジケーターのスクリプトは以下のURLで公開されています。

参考 CM Pivot Points Daily To IntradayTradingview

上の画像の点線のラインが1時間足のピボットです。

丸で囲った矢印のポイントでは価格が雲の上にあるので「買いエントリー」を狙います。

ローソク足が一端移動平均線を上抜け、ボリンジャーバンドが緑色に変わり上昇トレンドが発生する可能性が高まったところで、ピボットポイントに指値注文を入れて刺さるのを待ちます。

通常のロジックでは価格が移動平均線をブレイクした足の高値を買っていく感じなのですが、上記の画像のピボットポイントで待ち構えるエントリーでは10円ほど有利な価格でエントリーできています。

2018年10月18日デイセッションの押し目買いポイント事例

スーパースキャルピング225の押し目買いポイント

ピンクの四角枠のポイントが押し目買いポイントになります。

ローソク足は雲の上にあるので「買い」のチャンスを狙いますがピンクの四角い枠で囲った3つのポイントでは、移動平均線の下で有利な位置で買いエントリーを仕掛けることができます。

RSIにも注目します。価格の反転の予兆としてRSIの安値が右肩上がりになっています。

2番目のポイントでは「ローソク足の安値は右肩下がり」にもかかわらず「RSIは緩やかな右肩上がり」となっており価格反転の予兆であるダイバージェンスが出ています。

ピボットポイント(PIVOT)とは?

ピボットポイントとは、基準とする時間軸(日足なら前日、週足なら前週、4時間足なら4時間前、1時間足なら前の1時間)の高値・安値・終値から基本の「ピボット」という値のラインを算出し、それを用いてさらにピボットの上方と下方それぞれ3つ、合計6つのラインを設定するものです。

ピボットのさらに詳しい説明は下記のサイトをお読み下さい。

参考 ピボットポイントForex.com

ピボットは単純な計算式ながらも、誰が計算しても同じ価格にラインが引けることから、外国人投資家などのプロのトレーダーが節目として必ず見ているテクニカルなのでチャートに表示させておくことをおすすめします。

ピボット(PIVOT)を利食いやロスカットの基準として使う

ピボットのいいところは押し目買いや戻り売りのエントリーポイントに使えるだけではなく、利食いターゲットやロスカットの目安としても使えるところです。

今回のケースではピボットポイントで指値でエントリーし、一つ上のピボットR1を利食いターゲットに設定しています。

スーパースキャルピング225(1時間足pivot)

通常のルール通りのロスカットを採用した場合、ロスカット15円に対して利益が25円ということでリスクリワード比1:1.67という悪くないトレードです。

複数枚でエントリーしている場合、ターゲットまでの半値あたり、例えば15円で一部利食いをしてロスカットを建値に引き上げ、残りのポジションをピボットR1で利食うという方法も考えられます。

目先の細かい上下でロスカットをされたくない場合は、ピボットのS1(青色の点線ライン)の少し下にロスカットを置くのもOKです。

その場合、トレードのリスクリワード比が悪化しないように半分のポジションはピボットのもう一つ上付近までターゲットをずらしてやるといいと思います。

ピボットを使うと上昇波の天井付近での利食いも不可能ではない

スーパースキャルピング225(pivotで利食い)

上の画像の四角い赤枠の部分を注目して欲しいのですが、価格が雲の上にあり、ボリンジャーバンドが緑色と上方向を示唆しているのを確認し、移動平均線(黄色)付近の23,855円で買いエントリーをします。

利食いの第1ターゲットはピボットのR1の少し下の23,890円に設定します。

利食いの第2ターゲットはR2の少し下の23,935円に設定します。

  1. 第1ターゲット:23,855円→23,890円決済(35円の利益)
  2. 第2ターゲット:23,855円→23,935円決済(80円の利益)

価格が第1ターゲットに到達した時点で残り半分のポジションのロスカットをピボットラインの少し下の23,840円まで引き上げます。

第1ターゲットの利食いでロスカットの建値引き上げはトレードの成績向上に直結する重要なテクニックですのでぜひとも採用して欲しいです。

普通にチャートを見ると「行ってこい」の難しい展開のように見えますが、ピボットの指値を使った分割決済を使うと上昇波の天井付近で利食いといったことも不可能ではありません。

ピボットとオプション権利行使価格を併用した利食いの方法

オプション権利行使価格を利食いのターゲットにした事例を紹介します。

スーパースキャルピング225(pivotで利食い)

雲は薄くレンジに近いですが、価格は雲の上にあり、ボリンジャーバンドが緑色と概ね上方向を示しています。

上昇トレンドとは言い難い局面ですが、買いでピボットの利食いが上手くいった事例です。

エントリーは青枠の部分のローソク足の終値23,810円で買いエントリー。

ロスカットはピボットラインの少し下の23,790円に置きます。

通常ルールでは15円のロスカットですが15円だとピボットライン上になるので安全を期してその5円下に置いています。

利食いの第1ターゲットはピボットのR1の23,840円に設定。

利食いの第2ターゲットはR2の少し下の23,785円に設定。

  1. 第1ターゲット:23,810円→23,840円決済(30円の利益)
  2. 第2ターゲット:23,810円→23,875円決済(65円の利益)

第2ターゲットをR2の少し下の23,880円で指値をしていても利食い成功でしたが、23,785円がオプション行使価格のためターゲットを5円下げて23,875円で指値をしました。

ピボットを使ったトレンド発生判断の方法とオプション権利行使価格を使った利食いの方法

ピボットを使ったトレンド判断の方法を紹介します。

通常の値動きの場合、ピボットのR3、S3を超えてくることはほとんどありません。

逆にR3、S3を抜ける極端な値動きが出た場合、大きなトレンドが発生したと判断してトレンド方向に成り行きエントリーします。

決済方法は以下の4パターンのいずれかを採用します。

もちろん以下の条件で分割決済の採用もOKです。

  1. 決済方法その1:オプション行使価格125円刻みの次の節目。
  2. 決済方法その2:ボリンジャーバンドの色が変わった時点で決済。
  3. 決済方法その3:移動平均抜けで決済。
  4. 決済方法その4:平均足(改)ローソク足の転換で決済。

スーパースキャルピング225 トレンド発生

また、オプション権利行使価格についての解説を簡単にしておきます。

オプション権利行使価格の解説

また、オプション権利行使価格は125円刻みで設定されており、その価格帯では売り方と買い方の攻防が起きるのでここも節目として意識されます。

オプション権利行使価格はは125円刻みですが、節目としての強さに違いがあります。

125円や250円といった中途半端な価格のラインよりも500円、1000円、20000円などのキリのいいオプション権利行使価格は、心理的節目との相乗効果によってサポレジとしてより強力に作用します。

以前はオプション権利行使価格は250円刻みだったのですが、現在は125円刻みまで細かくなりました。

オプション権利行使価格についての詳しい解説は以下のDVDに譲ります。

日経225先物デイトレード オプション行使価格と半値 ()

Mr. Hilton
5,184円(06/17 15:02時点)
発売日: 2013/05/18
Amazonの情報を掲載しています

ピボットR2(第2ターゲット)の利食い失敗の事例

スーパースキャルピング225(pivotで利食い)

成功事例だけではなく失敗事例も掲載します。

上の画像の局面は、価格が雲の上にあり上昇トレンド中。押し目をピボットポイントで拾うように24,195円で指値買いエントリーしました(青枠)

ロスカットは30円と少し深いですが、前の1時間のピボットR3(エントリーしたピボットラインの1つ下にある薄い茶色のライン)の少し下24,165円に設定。

ただ第1ターゲットまで55円の幅があるのでリスクリワード比は悪くありません。

利食いの第1ターゲットはピボットのR1の少し下の24,255円に設定したいところですが、R1の手前に24,250円のオプション権利行使価格があるので24,250円に設定。

利食いの第2ターゲットはR2の少し下の24,295円に設定。

第1ターゲットの利食いには成功しましたが、その後伸びずにボリンジャーバンドが赤色に変わったタイミング(2つめの赤枠)で成行決済。

  1. 第1ターゲット:24,195円→24,250円決済(55円の利益)
  2. 第2ターゲット:23,810円→24,250円決済(55円の利益)

トレード自体は成功ですが、第2ターゲットの利食いが失敗に終わった事例です。

また、第2ポジションの決済の後も買いエントリーのチャンスがあります。

オプション権利行使価格を割り込まずにボリンジャーバンドが下降の赤色から上昇を示唆する緑色に変化。

移動平均線付近(黄色)で買いエントリーをすればピボットR1まで保守的に見積もっても30円の利益が取れています。

・・・と、これまで複数の事例を紹介しましたが、いつもいつも事例のように100%上手くいくということはありえません。

相場が動くということはピボットやオプション権利行使価格以外にも多くの複雑な要因が影響してくるからです。

ですが、私の経験上、ピボットは色々な局面において概ね有効に機能します。

逆張りロジックの補強にピボットとオプション権利行使価格を使う

SS225逆張りロジックの補強にピボットとオプション行使価格を使う

上の画像はスーパースキャルピング225の逆張りロジックの成功率を高めるためにピボットとオプション権利行使価格を使った事例です。

チャート上には1時間のピボットと日足(デイリー)のピボットを表示させています。

RSIが30を下回ってきた局面でちょうどオプション権利行使価格の19500円とデイリーピボットS1の2つの節目があります。

2つの節目が重なるポイントは強いサポートとなります。

19500円付近で価格が何度も跳ね返されており、さらにRSIのトレンドラインが右肩上がりになりその後の価格の上昇を示唆しています。

そして、その後相場は反転上昇をしていきました。

逆張りロジックはトレンドに逆らうエントリーのため、トレーダーの心理的負担が大きくなかなか思い切って入れない方もおられると思います。

今回のケースのようにサポートとなる節目の存在を可視化することにより、逆張りロジックのエントリーに対する心理的負担の軽減と、逆張りトレードの成功率を高めることが可能です。

また、

  1. RSIが30を下回る
  2. サポートのオプション権利行使価格の19500円
  3. サポートのデイリーピボットS1

この3つを根拠として19500円で買い指値をして1時間足のピボットS1までの約15円〜20円幅を何度も取るスキャルをすることも可能です。

スーパースキャルピング225で安定的に勝てない人への提案

スーパースキャルピング225の弱点は利食いと損切りの曖昧さ

スーパースキャルピング225」の教材本編のルールのみでトレードしてももちろんOKなのですが、本編には利食い、損切りの部分に曖昧さと「裁量」の要素が強いのが弱点だと個人的に思っています。

販売者の伊藤氏は、「エントリー、利食い、損切りの方法については局面ごとに違って、バリエーションも豊富にあるので、とにかく専用サイトにアップされている動画を全部見て学べ」と言います。

アップされている動画を見ていっても「あ、そろそろ利食いますね〜」という感じで特に詳細な説明もなく、感覚でトレードしているように見える場面も少なくありません。

特に、損切りルールの

「原則15円ロスカット、しかしローソクがヒゲの場合はロスカットせず、逆指値も入れない」

というのは個人的に好きではありません。人間のメンタルは弱いものです。

「エントリーしてすぐ逆行!?いやヒゲで終わるかもしれない・・・次の足で値が戻ってくれ・・・・」

逆指値を入れなかったがために「ロスカット足の次の足の初め値で成り行きでロスカット」がルール通りに執行できずに損失を拡大させてしまった。

とか、エントリー後に15円以上逆行してヒゲで終わらなかったため、次の足の初め値で成り行きロスカットをしたが、相場が逆に走ってしまい想定よりも大幅に損失が大きくなってしまったいうことは教材を実践する上でよく起こることだと思います。

このような損切りルールでは「コツコツ勝ってドカンと負ける」といったことが必ず起きます。

ドカンと負けた後はそれを取り戻すのに一体何回勝てばいいんでしょうか?

それだったら潔く「20円固定の逆指値ロスカット」を採用するの方がはるかにマシだと思いますが、日々ボラティリティが目まぐるしく変化する日経225相場で「いつでも固定20円」でロスカットというのは「根拠」が無いに等しくこれも個人的に好きではありません。

同じように利食いも「10円、20円利が乗ったら積極的に利食って行きましょう」というのも裁量感が強いうえに根拠が弱く、本来ならもっと大きく取れていた値動きまで取り逃したりします。

その割に「慣れてきたら1回のトレードで100円幅も取れるようになってきます」とか平気で書いてあったりします。

いや、それは無理でしょうと。毎回毎回どのルールで決済するの?

3枚以上でエントリーしている人は分割決済でいいのかもしれませんが1枚、2枚で取引している人は毎回10円、20円で決済?

裁量に委ねられる部分が大きくルールが明確に決まってはいないのです。

スーパースキャルピング225の弱点を補うピボット

そこで、決済ポイント、ロスカットポイントの根拠をテクニカルで常に明確化するためにピボットの節目やオプション行使価格を使うアイデアを提案してみました。

ぶれないためには可能な限り裁量の余地を減らし、指値エントリー、指値決済、指値ロスカットをすることが重要です。

裁量の余地が増えれば増えるほど人によって成績にばらつきが出ます。

センスがある人、上手な人はオリジナルの裁量ルールで勝てるでしょうが、そうで無い人はいつまでたっても勝てないといったことが起こりがちです。

それを避けるために誰がいつ見ても同じ価格にラインが引かれるピボットを使うのです。

皆さんのトレードの成功をお祈りしております。

スーパースキャルピング225の当サイト限定特典1「SMAクラウド」+α

スーパースキャルピング225インジケーター完成画面

トレーディングビューで「スーパースキャルピング225」のトレードをされたいという方がいれば、当サイトのリンク経由で購入されるとインジケーターのアクセス権をお渡しします。

  1. SMAクラウド
  2. 3本RSI
  3. 転換線(矢印サイン付き)

「SMAクラウド」はさらに下記の4つのインジケーターで構成されています。

  1. トレンドカラーボリンジャーバンド
  2. カラー移動平均線と雲
  3. ピボット
  4. 平均足(改)ローソク足(12/31アップデートで追加搭載)
  5. ノートレードシグナル(2/10アップデートで追加搭載)

ボリンジャーバンドの幅が狭くなっている状態の時には、画面の下に赤色のバツ印が表示されます。

これはトレードをするには適さない環境であることをしめす「ノートレードシグナル」になります。

Tradingviewの一番下の有料プランであるProプランのインジケーターの使用枠が最大5個までと上限があるため、それに配慮して4つのインジケーターを1つにまとめています。

SMAクラウド、一目転換線、3本RSIで合計3つのインジケーター枠を使用します。

SS225のMT4インジケーターには無い3つの追加機能

1.トレンドで移動平均線とボリンジャーバンドの色が変化

スーパースキャルピング225 カラーボリンジャーバンド

シグナル線である短期移動平均線が上昇中は緑色で表示され、下降中は赤色で表示されます。

また、ボリンジャーバンドの基準となる移動平均(21)が上昇中はバンド自体が緑色で表示、移動平均が下降中はバンドが赤色に変化します。

移動平均線とバンドの2つのカラーリングによって短期的なトレンドの判断がより簡単にできるようになっています。

2.平均足(改)ローソク足インジケーター搭載

通常の平均足はローソク足と形状が異なるため、現在価格やローソク足の正確な形状がわかりづらいのが欠点です。

また、平均足はレンジでは頻繁に転換するためダマシにあいやすいという欠点もあります。

平均足(改)ローソク足は通常のローソク足の形状を維持したまま、平均足のトレンドを表示することが可能です。さらに平均足のダマシが出にくいように改良を加えています。

※ただし、ダマシが無くなるわけではありませんし、通常の平均足よりもトレンド転換が少し遅れるのでその点はご注意ください。

平均足と平均足(改)ローソク足の違いについては、以下の2枚のチャート画像を比較してご覧下さい。

1枚目:通常の平均足表示

スーパースキャルピング225平均足表示

上の画像はMT4版と同じく通常の平均足を表示させたチャートです。

2枚目:平均足(改)ローソク足表示

スーパースキャルピング225 平均足(改)ローソク足表示

2枚の画像を比較して平均足(改)ローソク足の方が通常の平均足よりもダマシが少なくなっています。

3.30分、1時間、2時間、4時間、1日のピボットの表示に対応

ピボットはエントリー、決済、ロスカットのポイントとして幅広い用途に使用できて有効に機能する指標です。

メインでトレードする時間軸に合うピボットの時間軸設定を試してみてください。

※日足のピボットは節目としてかなり効くので表示を強く推奨します。

1時間と1日というようにピボットの複数同時表示も可能ですが、あまり表示させ過ぎるとチャート上がラインだらけになって見づらくなるのでご注意下さい。

1分足のトレードの場合は1時間か2時間のピボットが合うと思います。

使い方の工夫としては、2画面分割表示にして、左は1分足でピボットは1時間で表示、右は5分足で4時間のピボットと多くの人が注目しているデイリーピボット(1日)と組み合わせて表示させるという方法も良いと思います。

特典付きでスーパースキャルピング225を購入する

購入時の画面で以下の特典が表示されていることをご確認ください。

CookieをOFFにしている場合はONにしてください。

スーパースキャルピング225特典(叢雲)

※「スーパースキャルピング225」用のTradingview用のインジケーターの使用にはTradingviewの有料プラン(Proプラン以上)の契約が必要です。

スーパースキャルピング225の当サイト限定特典2 「MAクラウド5Type」

Tradingview用の移動平均線の雲のインジケーターの派生バージョン「MAクラウド5Type」を追加でお付けします。

雲の計算に使用する移動平均線の種類を、SMA、EMA、WMA、RMA、VWMAの合計5種類を切り替えて使用できます。

タイプ1:SMA(単純移動平均)

スーパースキャルピング225 MAクラウド(SMA)

SMA(単純移動平均線)はスーパースキャルピング225本編で使用しているデフォルトの設定です。

タイプ2:EMA(指数移動平均)

スーパースキャルピング225 MAクラウド(SMA)

EMA(指数移動平均)はSMAと比較して、直近の値動きに大きな重み付けをした移動平均線でSMA(単純移動平均線)よりも早く相場に反応します。

タイプ3:WMA(加重移動平均)

スーパースキャルピング225 MAクラウド(WMA)

WMA(加重移動平均)はEMA(指数移動平均)と同様に、直近の値動きを重視した移動平均線となっており、EMAよりもさらに直近の価格への反応が強くなっています。

5タイプの移動平均の中で直近の価格に最も強く反応します。

タイプ4:RMA(修正移動平均)

スーパースキャルピング225 MAクラウド(RMA)

SMA(単純移動平均線)の欠点を改良した移動平均線で、非常に滑らかなラインを描画しますが5タイプの中で相場への反応性は最も遅くなります。

反応を早くしたい場合はインジケーターの期間の数値を小さく変更して下さい。

タイプ5:VWMA(出来高加重移動平均)

SS225インジケーター(VWMA)

加重移動平均に出来高の要素を加味して算出される移動平均です。

相場のボラティリティが大きくなると変動し、相場のボラティリティが減少すると水平になりやすいという性質があります。

これらの5種類の移動平均をお好みで使い分けてみて下さい。

スーパースキャルピング225インジケーターのまとめ

Tradingview用のスーパースキャルピング225インジケーターの使用目的を説明いたします。

本インジケーターは、スーパースキャルピング225のトレードロジックの決済、ロスカットの曖昧な点をカバーするために開発されたという背景があります。

ですので、インジケーターの利用者さまには基本的にはSS225の順張り、逆張りロジックでトレードをしていただいて、決済の部分をピボットやオプション権利行使価格の節目を利用するという使い方をして頂きたいです。

私の提供するインジケーターとSS225の本編で、トレードのルールが全く別物ということではないのでその点はご注意下さい。

その上で、さらにトレードチャンスを増やす意味合いで、ピボットやオプション行使価格を利用して上昇トレンドの押し目買い、下降トレンドの戻り売りも追加で狙って行くということになります。

原則として、SS225のロジックでトレードをして、決済は節目(1時間、日足のピボットまたはオプション権利行使価格)で行う。

ロスカットはサポートとなる節目から少し離した価格(10円~15円程度)に置くという感じでトレードしていただければと思います。

最後に、Tradingview用のSS225インジケーターのメリットと何ができるのかをまとめます。

  1. 決済、ロスカットポイントとなる節目を明確に可視化できる
  2. MAやボリンジャー、平均足の色でトレンドを明確に可視化できる
  3. 節目を利用した押し目買い、戻り売りでトレードチャンスを増やすことができる
  4. WindowsやMT4に依存することなくTradingviewのみでトレードできる
  5. タブレットとスマホさえあれば、場所を選ばず外出時にもトレードできる
  6. 購入者は1度の支払いでインジケーターを継続的に使用できます
  7. 購入者は無償でインジケーターのアップデートを受けられます
  8. 当サイトからの教材購入者は特典として追加費用無しでインジケーターが使えます

以上となります。

スーパースキャルピング225インジケーターの使用者の感想

Tさん
満足。普段仕事のため、通勤時に取引できるのが良い。エントリーの機会が増えたことと、SS225より早くエントリーできるようになった。非常にいいツールだと思ってます。
Kさん
満足。まずTradingviewで使えるだけでもありがたいのですが、転換線に色がついていて視覚的にとても分かりやすく、本家の使い方にはないですが、グランビルの法則と相性が良いと思いながら使わせて頂いております(*^^*)長期足への応用を現在勉強中です!細かくアップデートまでして下さり、購入後のアフタフォローもしっかりとして下さり大変感謝しておりますm(*_ _)m
Oさん
満足。ボリンジャーバンドの色が分けられている点が良い。SMA cloud BBのスタイルの色の濃さの変更が、一括で出来れば良いと思う。
Mさん
満足。SS225自体も素晴らしいですが、叢雲様がアレンジして下さったインジセットも素晴らしいです。とても見やすくて気に入っています。それにより良いものをと無料でアップグレードして下さったり、大変感謝しています。mt4バージョンよりも、より精度の高いエントリーが出来る感じです。ピボットも予想以上に利確ポイントとして指値決済が出来ています。mt4よりもトレンド転換が速い感じです。
Aさん
満足。pivotの表示が逆張りや利確の目安になって大変素晴らしいと思います。
Tさん
満足。pivotやオプション行使価格を利用することで、利確、損切り共に自身のトレードに根拠を持たせることが出来るようになった点が、ss225インジケーターを導入させて頂いた最大の利点だと感じます。
Mさん
やや満足。本家には無い、ピボットで損切、決済が明確でいいと思います。
Oさん
満足。サインが出てわかりやすくなりました。 バージョンアップされていくのが嬉しいです。
Mさん
満足。いつもマメにインジケータをアップグレードして頂いて本当にありがとうございます!今回の更新バージョンは、神ってますね。本当にすごいです。本家よりも正確で、ダマシも今のところ感じた事がないです。サインが表示されるのもめちゃくちゃ有難いです。mt4 版を遂に確認しなくてよくなり、iPadとスマホでトレード出来ています。とにかく、本当にありがとうございました!
Oさん
満足。確かにピボットラインで反発したりしてるのが良くわかります。このLINEを知っているのかどうかで、かなりのトレードの差が現れるように感じました。

特典付きでスーパースキャルピング225を購入する

スーパースキャルピング225インジケーターのよくある質問

Tradingviewの無料版でインジケーターは使えますか?

いいえ、無料版では使えません。

Tradingviewの無料版は日足以下のチャートの表示ができず、チャート表示もリアルタイム表示ではないため遅延します。

TradingviewのPro版以上をご使用下さい。

このインジケーターは買い切りですか?別途課金は必要ですか?

はい、買い切りです。

一度ご購入されたインジケーターは買い切りでずっと継続でご使用できますが、TradingviewのPro版の月額費用は別途必要となります。

このインジケータは、叢雲さんの都合によって非公開になって使えなくなることはありますか?

いいえ、ありません。

当方の都合で使えなくなるといったことはありません。

ですが、万一そういった事態になりそうな場合は購入者さまにはインジケーターのコード自体を配布しますのでご安心下さい。

雲やボリンジャー、転換線の線の太さや色を変えることは出来ますか?

はい、可能です

はい。色や線の太さを変えることは可能です。

インジケーター名の横に表示されている四角い歯車アイコンをクリックするとインジケーターの設定画面が開きます。

Tradingview設定

「スタイル」をクリックしてスライダーを右に移動させるとラインの太さが変わります。

色の付いた四角枠をクリックするとカラーパレットが表示されるのでここで色の変更が可能です。

Tradingview設定

SS225インジケーターアップデート履歴(2019/2/11)

2019年の2月10日、2月11日にインジケーターアップデートを行いました。

  1. 転換線とローソク足のクロスで矢印サインを表示できるようにしました。
  2. ボリンジャーバンドの幅が20円以下の時にノートレードシグナルを表示できるようにしました。

2019年の1月10日に以下の内容でインジケーターアップデートを行いました。

  1. 転換線の表示を見やすく改良しました。

2018年の12月31日に以下の内容でインジケーターアップデートを行いました。

  1. SMAクラウドに「平均足(改)ローソク足」インジケーターを追加
  2. 特典インジケーターMA Cloud 4Typeのピボット値がズレる不具合の修正
  3. MA Cloud 4Typeに新たにVWMA(出来高加重移動平均)を追加

トレーディングビューのSS225のインジのみを期間限定で販売(3/16~3/17公開)

スーパースキャルピング225(アラート)

「教材をすでに持っているのでトレーディングビュー用のスーパースキャルピング225のインジケーターのみを販売して欲しい」とのリクエストがありましたのでインジケーターのみの販売にも対応しました。

ちなみに、ローソク足と転換線のクロスでアラート音やポップアップアラートを出してタイミングを知らせることもできます。

インジケーター販売ショップのURL:https://nikkei225-trade.booth.pm/

サポートの都合上、期間と数量を限定して販売をする予定です。

ある程度問い合わせ等が溜まった段階で定期的に解放する予定です。(3/16~3/17公開予定)

トレーディングビューを使うメリットは以前にも説明しましたが

  1. OSE(大阪取引所)のデータを購入することで日経225先物のリアルタイムチャートが表示できる
  2. パソコン不要でスマホとタブレットでトレードできる
  3. ピボットを含めMT4並に高機能なインジケーターが揃っていること

などがあげられます。

何かご不明な点、質問、リクエスト等があればフォームかコメント欄からお問い合わせください。

75 COMMENTS

葵太郎

こんにちは。

当方現在MT4でSS225を学習中です。
あまりお金がなく、バイトしながら種銭を貯めつつ、学習してます。

トレーディングビューでのSS225移植版に興味があります。

ご連絡お願い申し上げます

返信する
叢雲

葵太郎さん

こんにちは。
葵太郎さんはSS225をすでにお持ちの方なんですね。
TradingviewのSS225のインジは自分用というのもありますが、当サイトからの購入特典として用意したものです。
インジだけを希望されている方に対してどのように対応したものか、正直ちょっと悩んでおります・・・。
無償でのインジ配布はできませんが、それでもよろしければ詳細をメールで送ります。

返信する
葵太郎

そうでしたか、知っていればこちらからでしたが、改めてご対応お願い申し上げます。

返信する
叢雲

葵太郎さん

了解いたしました。
有料でもいいのでインジケーターのアクセス権が欲しいとおしゃる方が他にも複数おられますので、
決済周辺やアクセス権の付与等の準備を進めております。
長くはお待たせいたしませんので少々お待ちください。

返信する
葵太郎

こんにちは
2019年2月にアップデートがなされたとの事で、
すでに昨年入手してますが、アップデータはどうしたら使えますか。

返信する
叢雲

葵太郎さん

特にアップデーター等を適用する必要はありません。
チャート上から古いインジケーターを削除した後、再度チャート上に表示しなおせば新しいインジケーターが表示されます。
どうぞよろしくお願いいたします。

返信する
葵太郎

スーパースキャルピング225のトレーディングビュー版、
ご連絡お待ちしております。

返信する
叢雲

葵太郎さん

10/27〜10/31の5日間限定でショップを再公開いたしました。
よろしくお願いいたします。

返信する
新木

初めまして。有料インジケーターの件、今回残念ながら間に合わず、次回公開日は必ず購入させて頂きたく思います。もし宜しければ次回の日程教えて頂けないでしょうか?よろしくお願い致します。

返信する
叢雲

新木さま

初めまして。叢雲です。お問い合わせありがとうございます。
12月2日、3日の2日間インジケーターのみの販売を行います。
どうぞよろしくお願いいたします。

返信する
佐藤

ブログ拝見いたしました。非常に興味があります。
有料インジケーターの件、今回残念ながら間に合わず、次回公開日もないのでしょうか。お返事していただけると幸いです。

返信する
叢雲

佐藤さま

お問い合わせありがとうございます。
ショップはある程度、リクエストや要望が来た時点で定期的に解放しています。
インジケーター販売店は本日から2日間公開しておきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

返信する
裕福

本日この記事を拝見しました。ですが、トレーディングビュー用のスーパースキャルピング225のインジケーターの公開が一足違いだったようで残念です。
次の公開がございましたら教えて頂けないでしょうか。どうかよろしくお願いいたします。

また、これはトレーディングビューを無料で利用しても使用出来るのですか。

返信する
叢雲

裕福さま

コメントありがとうございます。
次回は12月15日~16日の2日間の公開を予定しております。
ご検討下さい。

>>また、これはトレーディングビューを無料で利用しても使用出来るのですか。

トレーディングビューの無料版では1分足チャートの表示ができないのと、リアルタイムチャートではないため表示が遅延します。

以上の理由で無料版ではなくPro版以上を推奨しております。

返信する
kei

はじめまして。
私もSS225は購入済みで有料インジケーターを購入したいのですが、今後公開される予定はありますでしょうか。
よろしくお願いします。

返信する
叢雲

Keiさん

お問い合わせありがとうございます。
ショップはある程度、リクエストや要望が来た時点で定期的に解放しています。
インジケーター販売店は22~24日の3日間公開予定です。
よろしくお願いいたします。

返信する
斎藤

はじめまして、ss225のインジケーターの公開予定はもうないのでしょうか?あれば購入したいと思ってます。よろしくお願いします。

返信する
叢雲

斎藤さん

お問い合わせありがとうございます。
ショップはある程度、リクエストや要望が来た時点で定期的に解放しています。
インジケーター販売店は12月30日~1月1日の3日間公開いたします。
よろしくお願いいたします。

返信する
BQQ

はじめまして。
SS225は購入済みで有料インジケーターを購入したいのですが可能でしょうか?
よろしくお願いします

返信する
叢雲

BQQさん

お問い合わせありがとうございます。
ショップはある程度、リクエストや要望が来た時点で定期的に解放しています。
インジケーター販売店は1月6日~1月7日の2日間公開いたします。
よろしくお願いいたします。

返信する
jun

SS225は購入済みで有料インジケーターを購入したいのですが可能でしょうか?
よろしくお願いします

返信する
叢雲

Junさま

コメントありがとうございます。
ショップはある程度、リクエストや要望が来た時点で定期的に解放しています。
インジケーター販売店は1月12日~1月14日の3日間公開いたします。
よろしくお願いいたします。

返信する
イケダ

叢雲様
大変興味深く拝見させていただいております。
次回のインジケーター販売店の公開予定日が確定しましたら、教えて
頂けませんでしょうか。何卒よろしくお願い申し上げます。

返信する
叢雲

イケダさま

コメントありがとうございます。
インジケーター販売店次回はは1月19日~1月20日の2日間公開いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

返信する
take

叢雲様

大変有益な記事を公開頂き、ありがとうございます。
私もss225は既に所有しており、有料インジケーターのみ購入希望です。
次回のインジケーター販売店の公開予定日が決定しましたら、教えて頂けますと幸いです。
よろしくお願い致します。

返信する
叢雲

takeさま

コメントありがとうございます。
インジケーター販売店次回はは1月19日~1月20日の2日間公開いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

返信する
take

叢雲様

早速の返信ありがとうございます。
インジケーター販売店、次回は1月19日~1月20日の2日間公開して頂けるとのこと。
買い逃すことのないよう、しっかりチェックさせて頂きます。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

返信する
叢雲

takeさま

承知しました。
一応、19日にご案内のメールをこちらからも差し上げます。
どうぞよろしくお願いいたします。

返信する
ヤマダ

お世話になっております。
毎度タイミングが悪くインジケーター販売の機会を逃してしまっております。
お手数ですが、次回販売日をご案内頂けないでしょうか。
何卒、宜しくお願い致します。

返信する
叢雲

ヤマダさま

コメントありがとうございます。
インジケーター販売店ですが、次回は1月26日~1月27日の2日間公開いたします。
一応、26日にご案内のメールをこちらからも差し上げます。
どうぞよろしくお願いいたします。

返信する
小島知子

初めまして
私もこの教材は購入済みです。
是非、このインジケーターを購入したいです。
お願いします。
どこから購入すればよろしいのでしょうか?

返信する
叢雲

小島知子さま

コメントありがとうございます。
インジケーター販売ショップはこちらになります。
URL:https://nikkei225-trade.booth.pm/
今回の販売は本日27日で終了ですのでその点はご注意下さい。
どうぞよろしくお願いします。

返信する
大安

SMA、EMA、WMA、RMA、VWMAとありどれにしたらいいのか迷いますが、皆さんどれをお使いでしょうか。
このMAを使いだしたら、有利に注文や利確が出来るようになったということはありますか。

返信する
叢雲

大安さま

MAタイプのご使用に迷うようでしたらデフォルトのSMAもしくはEMAをお使いになるのがよろしいかと思います。

返信する
JUNJUN

初めまして。
叢雲様よりSS225を購入させていただきたく
インフォトップに申し込みを行いましたところ
「紹介者からの特典」として
●Tradingview専用スーパースキャルピング225インジケーターセット と
●Tradingview専用スーパースキャルピング225インジケーター解説書 の
二つのどちらかを選択するようになっておりますが、
両方が欲しい場合は、どのような対応をしたら良いのでしょうか。
 お忙しい中、恐縮でございますが、
ご教授の程、よろしくお願い申し上げます。

返信する
叢雲

JUNJUNさま

ご購入ありがとうございました。
特典に関しましては早急に対応いたしますので少々お待ち下さい。
どうぞよろしくお願いいたします。

返信する
KOIKOI

はじめまして ss225の実践者です。なかなか良い結果が出ず困っていたところ このサイトにあたりました。インジケーター販売の再開決まりましたら お知らせ頂けると幸いです。

返信する
叢雲

KOIKOIさま

コメントありがとうございます。
インジケーター販売店ですが、次回は2月2日~2月3日の2日間公開いたします。
一応、2日にご案内のメールをこちらからも差し上げます。
どうぞよろしくお願いいたします。

返信する
ななぴ

はじめまして。スーパースキャルピング225を購入し、実践しております。
tradingviewで利用できるインジケーターの購入希望です。
よろしくお願いいたします。

返信する
叢雲

ななぴさま

コメントありがとうございます。
インジケーター販売店ですが、次回は2月2日~2月3日の2日間公開いたします。
一応、2日にご案内のメールをこちらからも差し上げます。
どうぞよろしくお願いいたします。

返信する
mnhn

本日(2/4)初めて、貴ブログを読みました。インジケーターを買いそびれたので次回販売日を教えてください。

返信する
叢雲

mnhnさま

コメントありがとうございます。
インジケーター販売店ですが、次回は2月9日~2月11日の3日間公開いたします。
一応、9日にご案内のメールをこちらからも差し上げます。
どうぞよろしくお願いいたします。

返信する
maroon

お世話になっております。SS225の導入を検討しており、こちらのサイトにたどり着きました。
基本的なことで恐縮ですが、教えて下さい。叢雲様作のTrading view版でも、エントリーサイン(矢印)は表示されるのでしょうか?
お手数ですが、よろしくお願いします。

返信する
叢雲

maroonさま

コメントありがとうございます。
Tradingview版には矢印サインは搭載しておりませんが、基本機能で転換線とローソク足のクロスを音やメール、ポップアップアラートを出して知らせることが可能です。
ですが、矢印表示の要望が多いようであれば今後の搭載も検討いたします。

返信する
maroon

叢雲様

早速のご回答、ありがとうございます!
「表示は矢印の形ではないものの、同じタイミングでポップアップ等でエントリーサインを知ることができる」という意味と理解しましたが、それでよろしいでしょうか?
もともとの矢印表示のロジックを存じないため、念のため確認させていただきました。たびたびお手数ですが、よろしくお願いします。

返信する
叢雲

maroonさま

「表示は矢印の形ではないものの、同じタイミングでポップアップ等でエントリーサインを知ることができる」という意味と理解しましたが、それでよろしいでしょうか?

はい、できます。転換線とローソクのクロスで音を鳴らすこともできますし、設定方法についても解説PDFに記載しております。転換線のアラートは正確に表現するとエントリー前のプレサインになりますね。

転換線とローソク足のクロスで矢印表示のテストをして見ましたがちょっとチャートがうるさくないですかね?移動平均系の宿命ですがレンジではダマし多発です・・・この機能あったほうがいいでしょうか。
矢印アラート表示のテスト

返信する
maroon

叢雲様
ありがとうございます。内容すべて理解いたしました。

maroon

叢雲様

早速のテストの画像、ありがとうございます。
たしかに多少うるさいですが、もし表示・非表示を切り替えられるのであれば、あった方が嬉しいと私は思います。

叢雲

maroonさま

>表示・非表示を切り替えられるのであれば、あった方が嬉しいと私は思います。

なるほど、検討いたします。

葵太郎

こんにちは。
すでにSS225と移植版をやはり購入しております。
使っての感想ですが、やはりオリジナルの矢印サインは欲しいです。
待機中アラームが鳴ると、よそ見してても気づいてこれは必須機能です。
一方、その日のトレードの検証作業では、矢印がないと、どこが本命サインだったかを調べる上でやりにくいです。

ぜひ、トレード力向上、インジケーター使用力向上のため、矢印サイン機能追加をお願い申し上げます。

返信する
叢雲

葵太郎さん

>矢印サイン機能追加をお願い申し上げます。

了解いたしました。
チェックボックスで矢印表示のON、OFFを切り替えられる方式で搭載いたします。

mnhn

叢雲さま

インジケータを導入すると、SS225のダマシサインは排除できるのでしょうか?それとも、ダマシであるかどうかの判断は自分でしなくてはいけないのでしょうか? ダマシサインは表示されないシステムがあると幸いです。

返信する
叢雲

mnhnさま

転換線とローソク足のクロスでサインを出すという単純な仕組み上、レンジでは結果としてダマシになります。
それを避けるために本編ではボリンジャーバンドの幅が狭くなっている時はノーエントリーを推奨しています。

>ダマシサインは表示されないシステムがあると幸いです。

これについては検討はしてみますが、SS225のロジックと離れていく可能性もあるので悩ましいところではありますね。

返信する
Anko

はじめまして。
本日こちらのブログ初めて拝見いたしました。
すでにスーパースキャルピング225を購入済みで、SBSチャートリーディングにも参加しています。
tradingviewのインジケーターを是非とも購入したいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

返信する
叢雲

Ankoさん

コメントありがとうございます。
インジケーター販売店ですが、本日から2日間、2月17日~2月18日に公開いたします。
ご案内のメールをこちらからも差し上げますのでどうぞよろしくお願いいたします。

返信する
太郎

このブログ初めて拝見しました。
SS225はすでに購入済みで、trading view proでトレードしています。もう少し早くエントリーしたい、利確ポイントをはっきりさせたい、などと思っておりましたがここに全て書かれていて素晴らしいです。
インジケーターの購入をしたいのですが、次回販売時期がありましたらお知らせ頂けると助かります。
よろしくお願いします。

返信する
叢雲

太郎さん

コメントありがとうございます。
インジケーター販売店ですが次回は3月2日~3月3日に公開いたします。
ご案内のメールをこちらからも差し上げますのでどうぞよろしくお願いいたします。

返信する
Tommy

はじめまして。
叢雲様経由でSS225の購入を検討しています。一つ質問です。トレーディングビューを使えば、iPhone 単体でトレードできるようになるのでしょうか? それともiPad も必要なのでしょうか?教えて頂ければ幸いです

返信する
叢雲

Tommyさん

初めまして。iPhone単体でトレードするのは画面が小さすぎて厳しいですね。
私個人としては最低でも10インチぐらいは画面サイズが欲しいところです。
パソコンをお持ちでなければipadとかSurface Goなどの導入も検討された方が良いのではないかと思います。

返信する
Tommy

はじめまして。叢雲様経由でSS225の購入を検討しています。一つ質問です。トレーディングビューを使えば、iPhone 単体でトレードできるようになるのでしょうか? それともiPad も必要なのでしょうか?教えて頂ければ幸いです

返信する
小川

初めまして、本日初めてサイトを見させていただきました。
SS225の購入者です。

このサイトでおっしゃられているSS225の弱点を克服できるインジケータがあるなんてビックリしました。

また、バージョンアップも無償など、とても共感がもてました。

インジケータ購入希望です。
次の再販を教えてください。

何卒、宜しくお願い致します。

返信する
叢雲

小川さん

コメントありがとうございます。
インジケーター販売店ですが次回は3月9日~3月10日に公開いたします。
ご案内のメールをこちらからも差し上げますのでどうぞよろしくお願いいたします。

返信する
小川

インジケータの販売ありがとうございます。

3月9日が待ち遠しいです。

ちょっとご相談があります。

他の叢雲さんのページを見てましたら、ヒロトンさんのストラテジー225が、すごい気になってきてしまいました。汗

ストラテジー225はいかがでしょうか?

もし、叢雲さんのオススメでしたら、ストラテジー225を叢雲さんから購入し、その特典でSS225の有料インジをお付け頂くことは可能でしょうか?

ご返事、お待ちしております。
宜しくお願い致します。

返信する
叢雲

小川さん

一番最初に頂いた記事のコメントに回答をいたしました。
よろしくお願いいたします。

返信する
小川

ご返事、ありがとうございます。

まずは、SS225の有料インジを購入して勉強したいと思います。
宜しくお願い致します。

wo

SS225の転換線サインは、ATRトレーリングストップかと思いますが、こちらを加える予定はございますか。無料のスクリプトも出ているようなので、それを使ってもいいのですが。

返信する
叢雲

woさん

>SS225の転換線サインは、ATRトレーリングストップかと思いますが、こちらを加える予定はございますか。

コメントありがとうございます。
転換線のサインはATRトレーリングストップになっております。
パラメーターも本家と同一の設定を使用しております。

返信する
wo

助かります! TradingViewの準備を進めます。準備完了後、購入をさせていただきたいと思っております。

返信する
大安

叢雲さんのインジを利用している方(私も利用者です)にお聞きします。
叢雲さんのインジに対する質問ではなく、トレード方法についてです。

買いの矢印サインが雲の上に出ても(売りなら雲の下)、値段が20円以下で
切り返すことも良くあると思います。例えば昨日なら10:18の売りサインです。
それでも、条件に合致したサインが出たら毎回ためらいなくエントリーできますか。

返信する
tomboy

叢雲様
初めまして。
こちらのサイトから SS225を購入したのですが、こちらの特典の受け取り方が分かりません。ご教授ください。

返信する
叢雲

tomboyさま

コメントありがとうございます。
インフォトップにログインして頂きまして「注文履歴ダウンロード」のタブをクリックして下さい。
そのページを下にスクロールしていき「アフィリエイター特典一覧」に表示されている特典ファイルをダウンロードして下さい。
どうぞよろしくお願いいたします。

返信する
tomboy

叢雲様
ありました。 不慣れですみません。今後ともよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

返信する
叢雲

tomboyさま

こちらこそ、ありがとうございます。
どうぞよろしくお願いします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください