日経225先物とくりっく株365ではどちらがおすすめ?違いを徹底比較!

日経225先物のメリット・デメリット

「日経225先物」も「くりっく株365」もどちらも日経平均株価指数をベースに誕生したデリバティブ商品です。

個人投資家にとって「日経225先物」と「くりっく株365」はどちらが投資対象として優れているのでしょうか?

私はどちらも取引した経験があるので「日経225先物」の方が良いという持論を持っていますが、「くりっく株365」と比較してそれぞれどんな違いがあるのか、メリット・デメリットも含めて解説していきます。

日経225CFD「くりっく株365」と比較した日経225先物のメリット・デメリット

日経225先物と「くりっく株365」との違いを比較

2010年11月に東京金融取引所によって日経平均株価指数を対象にした「くりっく株365」というCFD市場がオープンしました。

くりっく株365は日本で初めての公的な取引所による「株価指数証拠金取引」で、NYダウやDAX、日経225の株価指数を対象にしたトレードを行うことが可能になりました。

くりっく株365は日経225先物に比べて買いで配当が受け取れるというメリットもあり、今後は人気が出てくる可能性があります。

日経225先物と違い、くりっく株365は毎日の値洗いが無いので株やFXと同じような感覚でトレードができるのが特徴です。

くりっく株365の取引単位は日経225先物ミニと同じ日経平均株価の100倍となっており、日経平均10円の動きで1,000円の損益、日経平均100円の値動きで10,000円の損益となります。

呼び値の単位は日経225先物ミニの5円刻みと比較して「1円刻み」での変動となります。

これは一見すると5円刻みよりも1円刻みの方が有利に見えますが、くりっく株365はBID(売り)とASK(買い)の差が1円で納まることはほとんどありません。

BID(売り)とASK(買い)の差が20円~30円とかは普通に広がるので短期トレード、デイトレードではスプレッド負けしてしまう可能性がありオススメしません。

さらに「くりっく株365」はスプレッドが広いだけではなく、さらに片道の取引手数料がなんと150円もかかります。

日経225先物ミニはスプレッド無しで片道約30円ぐらいなので、トレードでかかるコストが高いのがデメリットです。

デイトレード、スキャルピングで取引する分には5円刻みの日経225先物ミニの方が断然有利ですね。

あと先物では相対取引が禁止されていますが、CFDでは禁止されていません。

CFDでは証券会社の呑み(顧客のポジションと反対のポジションを証券会社が持つ)行為が禁止されていないので、証券会社側が顧客に不利益なことを仕掛けてくる可能性があります。

日経225先物と比較した場合、

  1. 毎日の値洗いが無い
  2. スプレッド広い
  3. 手数料が高い

などの点から「くりっく株365」は短期トレードというよりもスイングトレード向きと言えます。

参考 くりっく株365東京金融取引所

「くりっく株365」は配当がもらえるのが魅力

日経平均の指数を取り扱う取引所CFD「くりっく株365」は買いポジションの場合、毎月決まった日に配当をもらうことができます。

これは日経225先物には無い大きなメリットとなります。

さらに、3月、9月の株の配当時期にはくりっく株365でも大きな配当がもらえます。

例えば2017年~2018年の事例を紹介すると

  • 2018年3月:1枚あたり15,833円の配当
  • 2017年3月:1枚あたり13,235円の配当
  • 2017年9月:1枚あたり13,121円の配当
  • 2017年4月、10月、11月:無配当
  • 2017年その他の月:140円~1,160円前後
参考 過去の配当・金利実績くりっく株365

くりっく株365の1枚あたりに必要な証拠金は2018年8月現在、76,000円です。

76,000円の証拠金に対して13,000円~15,000円の配当がもらえるというのはかなりオイシくないですか?

初めて「くりっく株365」をトレードした時、3月、9月の配当の多さに「こんなにもらえるの!?」とビックリした経験があります。

メモ
3月、9月の高額な配当が出る時期を狙ってくりっく株365を買ってみるというのも面白いです

くりっく株365(日経225CFD)のメリット

  • ほぼ24時間トレードできる
  • 日経225先物と違って日本の祝祭日もトレードできる
  • 限月がないので長期投資も可能
  • 買いの場合、株式のように配当を受け取れる
  • レバレッジが20倍~30倍と日経225先物と同程度のレバレッジ

くりっく株365(日経225CFD)デメリット

  • スプレッドが広く短期トレードには不利
  • 片道の取引手数料が150円と高い
  • 売りポジションの場合、配当月には配当分を支払わなければならない
  • 証券会社のシステム障害のリスク
  • CFDは相対取引(呑み行為)が可能

(実録)くりっく株365の恐怖!証券会社のシステム障害による強制ロスカット事件

ここからは個人的な体験談になるのですが、「くりっく株365」の注意喚起をしておきます。

何年か前に赤色がテーマカラーの某メガバンク系の大手証券会社でくりっく株365の取引をしていました。

当時は「うねりとり」のような両建てで含み損を抱えながら、場合によっては資金を追加したりと強制決済にならないようにリスクコントロールしながらもちょこちょこ利益を確定していくスタイルでトレードをしていたのですが、ある日の早朝、ポジションが全て強制決済され、含み損が確定損失にされてしまったのです。

証券会社によるとシステム障害により「証拠金がゼロ」と不正計算された結果、保有中のポジションが強制決済されたという説明をされました。

自社のシステム障害の過失を棚に上げて、「確定した損失を返すのは損失補填行為になり違法なので返せない」という一点張りで、しかもその証券会社は定期的に何度も何度も同様のシステム障害を起こして金融庁から行政処分を受けていたというのであきれ返りました。

1年の間に何度もシステム障害を起こしているようでは、配当を受け取りながら長期で投資できるという「くりっく株365」のメリットを全く生かすことができません。

CFDでは証券会社側が顧客のポジションと反対のポジションを持つ「呑み行為」が禁止されていないということもあり、今回のケースはシステム障害というのは単なる建前で、顧客にロスカットをさせてその都度、ロスカット分の利益を自社の懐に入れてるんじゃないか?という疑念を持っています。

あくまで余談ですが、くりっく株365をやる場合は赤色がテーマカラーの某メガバンク系の大手証券会社は避けることをオススメします。

参考 株365日経225証拠金取引でのシステム障害でのトラブルどうすればいいのでしょうおしえてgoo

まとめ

個人的な意見ですが、こうやって「日経225先物」と「くりっく株365」のメリット・デメリットを改めて確認してみると、ハイレバレッジでシステムが安定しており、フェアな取引ができる日経225先物取引の良さが際立ちます。

日経225先物の悪い点を強いて挙げるならば相場の状況によりボラティリティが低い局面がしばしばあることですが、これは1分足などの短い時間軸のスキャルピングで対応できます。

国内の証券会社のチャートツールの機能、テクニカル分析ツールなどがショボ過ぎることが気になりますが、いろいろとトータルで考えた結果、レバレッジを効かせて短期間で大きく稼ぎたい場合は日経225先物のトレードが個人的にはおすすめという結論になります。

くりっく株365の3月、9月配当の大きさは魅力ですが、もし今後に自分が取引をするのであれば、システム障害を度々起こして行政指導などを受けていないかなど、よくリサーチしてシステムトラブルが少ない証券会社を選びますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください